ロイヤルコースのご案内

No.1

フェアウェイは広く、ティーショット、セカンドショットは伸び伸びと打てるが、 グリーンを狙うショットは打ち上げになるので距離感がつかみにくく 正確なアプローチが必要とされる。
グリーンは右から左に高くなる2段グリーン。
春は桜の綺麗なホールです。

No.1
No.1
No.2

ティーショットは左サイド狙い。
グリーンは高低差のある3段グリーンなので、カップ位置次第では3パットの危険が高い。
グリーン奥からのアプローチは非常に難しい。

No.2
No.2
No.3

ロイヤルコースの中で、最もタフなホール。
左側はグリーンまで浅いOBラインが続く。
コース全体にかなりの打ち上げになるので、 セカンドショット以降は爪先上がりのライになり、左に行きやすい。
無理なショットは避け、確実なパー狙いで。

No.3
No.3
No.4

谷越え&若干打ち下ろしの、風の計算が非常に難しいホール。
グリーンは砲台で、左右には深いアゴのバンカーがある為、 キャリーで攻めたい。

No.4
No.4
No.5

やや右ドッグレッグのミドルホール。
フェアウェイ左サイドがティーショットのベストポジション。
但し、右サイドのOBを嫌い過ぎると、ボールが左の林の中に消えてしまうこともあり、要注意。
グリーン右手前にある段差の高い大きなバンカーに注意。

No.5
No.5
No.6

2段池越えの名物ショートホール。
方向性はもちろん微妙な距離判断が必要とされる。
グリーンは奥から池に向かって早い。

No.6
No.6
No.7

ほぼストレートなロングホール。
飛ばし屋なら2オンも狙えるが、グリーン前に池があり要注意。
無理をするとボギー、ダボもあるエキサイティングなホール。
セカンドショットの落とし場所に平坦な所が少なく、慎重なクラブ選択がカギ。

No.7
No.7
No.8

ティーショットは左右からせり出した林のプレッシャーに注意。
奥行きの短い横長の2段グリーンは確かな距離感と方向性で球を止めたい。
グリーン手前のポットバンカーがプレイヤーを惑わせる。

No.8
No.8
No.9

ティーショットは距離を稼ぐなら右サイドバンカー越えから傾斜を使う、 安全に攻めるなら左サイドから花道狙い。
グリーン手前の左右バンカーは深く、ここに入れるとパーセーブは難い。
トーナメント開催時はOUT・INを逆にしてこのホールが最終18番となり、 グリーン奥にはギャラリースタンドを設置し、数々のドラマを演出した 伝説のホールです。

No.9
No.9





有馬ロイヤルゴルフクラブ
〒651-1616  神戸市北区淡河町北畑 571
TEL 078(958)0121 / FAX 078(958)0126
COPYRIGHT(C)2007 ARIMA ROYAL GOLFCLUB ALL RIGHTS RESERVED.